12803294_1313751378652123_6535071401619614904_n

守山商工会議所の正面玄関には、中山道守山宿と書かれている灯篭が置かれています。
中山道というと、江戸時代の五街道として有名で、江戸の日本橋と京都の三条大橋を結ぶ路線です。滋賀県では草津宿をはじめとして、野洲→五個荘→彦根→醒井から東へ向かう主要な通り道として今でも親しまれています。
守山宿は、江戸時代は、京都を出発すると初めの宿地として大変栄えていたそうです。
その中山道・守山宿という灯篭があるということは、商工会議所が面している前の道が中山道かとちょっとびっくり。
しかし、教室にお見えの地元の方にお聞きしますと、商工会議所の前の道は、中山道から外れているそうです。市役所からびわこ大橋取付道路に直結する予定で作られた市役所通りという新しい道だそうです。
ちょっと残念ですが、この教室の近くには、守山宿の近くということもあって名所旧跡がたくさんあります。特に東門院というお寺は、比叡山延暦寺の東門を守る目的で作られ、守山という地名の由来になっているそうです。
守山教室にお見えの際には、ぜひ足を延ばしてみてください。